読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Parallel Factor Cultivate Server

創作企画PFCSのメインブログです。参加はどなたでも歓迎です。オリジナルマップ作成後、idコールや言及にてお知らせください。交流掲示板はこちらhttp://pfcs.g.hatena.ne.jp/

新種族・サムサールについて

アルビダの派生妖怪・サムサールについて。

f:id:nagatakatsuki:20170403142958j:image

ドレスタニアより新種の妖怪についてご説明致します。

サムサールは額の目に呪いを持つ特殊な妖怪です。

この第三の目にはサムサールの感情のうち何か一つが込められており、第三の目を見てしまった者は、呪いの「感情」が強制的に沸き上がります。

そして、その感情は、一度抱いてしまうと、本来その感情が湧いた際、正常な感情に戻るためには、精神的に通常収まる期間及び治療・カウンセリングを必要とします。

例えば、落ち込んだらずるずると引きずるタイプの人が「罪悪感」の呪いが込められた第三の目を見れば、かなり長いこと苦悩するし、逆に精神的に強くポジティブな人であれば直ぐに立ち直ることも可能です。

 

もう一つのサムサールの特徴として、第三の目に宿る感情は、そのサムサール自身から欠落しています。

先程の罪悪感の目を持つサムサールがいたとすれば、そのサムサールには「罪悪感」という感情が欠落している為、悪いことをしても悪いと感じません。

そして、例えば「喜び」という目を持つサムサールは人を喜ばせる事ができても自分は一切喜びという感情を抱くことができません。

 

更に、感情という要素は効果を例え受けたとしても、その能力の詳細を伏せられていた場合中々特定することができません。

中には目の力を隠して生活しているサムサールもいると思いますが、会話の中で何かが欠落していることを発見するのも非常に難しい上、例えわかったところで本当にそうなのか確定させる事がしにくいです。

サムサール本人も、欠落した感情をあえて無感情で再現することができてしまいます。(作り笑い、嘘泣きなど)

 

 

身体的特徴は、肌が黒く、エジプト人のような目。

運動神経などはアルビダと似ています、

 

サムサールの第三の目は、閉じるときは片目を瞑るような感覚であり、他の目と神経が繋がっているのでしんどいです。

故に額当てをつける場合が多く、サムサール本人も不便さを感じる人が多いです。

 

第三の目から視力を奪うと能力は発現しなくなりますが、目をそのままくり貫くと僅かながら力のある呪物として存在できます。

 

鏡や水面を通しての反射であっても効果はあります。

サムサール本人はその感情を欠落しているので反射で呪いは受けません。

サムサール同士でも呪いは発動し合います。

 

その他、サムサールで、何か気になることなどがあれば長田までお聞きください。